JOB

【人たらし】謝れる大人は組織で得をする【モテる】

1月 17, 2020

⏱この記事は3分で読めます

仕事にミスはつきものだからその後が大事

Sorryと書かれた付箋

みなさん毎日お仕事お疲れさまです。
企業でも個人でも、仕事にミスってつきものですよね。
そのミスに自分で気がついたり、誰かに指摘してもらったり。
ミスがあとで分かることも多いと思います。

謝って済むなら謝ってしまおう

自分のミスに気がついた後、どうしたら良いでしょうか
下手に謝ると、自分の評価を下げることにならないだろうか?
どうせ謝っても、ミスは無くなるものでのないし知らんふりしとく?
断固ミスを認めない?
悩ましいですよね。
結論「謝っても損はしないどころか得しかない。とっとと謝ろう。」

無駄なことに時間を掛けるな

はっきりいってなにかミスをしたらとっとと謝ったほうが得です
それができないで、取り繕ったり開き直ったりして必死になっている方見かけますね。
そんなことに時間を掛ける方が、ミスをするよりよっぽど罪深い。
無駄なことに時間を掛けるより、すぐに謝って挽回策を練りましょう。

謝らない人の心理

ところで、謝れない人はどうして謝れないのでしょう?
あなたは謝れる人になればいいわけですからどうでもいいことかもしれませんが・・・。
謝らない人は、概ね以下の4つに大別できそうです。
・そもそも悪いと思っていない
なにか問題が起きて、その原因が自分だとそもそも思っていない。
無自覚といいますか鈍感といいますか、決して悪気はないのかもしれません。

・自分を守りたいと思っている
本人としては、うすうす自分に非がありそうだとわかってるのです。
ですが、ここで謝ると自分がその責任を負わされる。
あるいは、なにか罰を受けるかもしれないとか。
いずれにしても、自分にとって不快なことが起きそうだと感じています。
防衛反応のように、謝ることを避けます。

・評価が下がると思っている
善悪の感情というより、損得勘定から自分の非を認めたくないと思っています。
謝ることは、自分の評価を下げてしまうこと考えているのです。
物事を、正解と不正解に2極的に捉える傾向の人に多いように思います。

・プライドから非を認められない
完全に自分が悪いとわかっています。
ですが、謝ったら負けだと感じていてそうすることができないのです。

謝らない人はほっておきましょう

よく「他人と過去は変えられない」といいます。
あなたの身の回りに、謝らない人がいたらそれは不愉快ですね。
ですが、その人を謝らせようとする事であなたにとって何の得があるでしょう。
もし謝ってくれたら、いっときは不快な思いをそそぐことができるかもしれません。
ですが、そのための時間や手間は決して割に合うものではないでしょう。
身も蓋もないですが、ほっとくのが一番です。

謝れる人になるために理解すること

謝らない人はほっておいて、あなたは謝れる人になってしまえばいい
逆に、あなたが謝らない人にならないようにしましょう。
ではどうすれば、謝れる人になれるのか?
次のことを理解すれば、謝ることが苦ではなくなります。

・そもそも謝ったほうが得
ミスをしたら実は謝ったほうが得なのです。
なぜ謝ったほうが得なのか?
言い訳とか取り繕う時間は無駄だからです。
いくら言い訳を言っても、わかっている人に言い訳はかえってみっともなく見えます。
それこそ、評価を下げる結果になります。

・謝られた相手が仲間になる
実は謝ることには、絶大な効果があります。
それは謝罪を受け入れた相手を仲間にできると言うことです。
人間は自分で何かを決めたら、その決定を変えたくないという心理がはたらきます。
いちど謝罪を受け入れたということは、その人はあなたを許すと自分で決めたのです。
もう第三者の前に出ても、その相手はあなたを責めることができません。
むしろ、味方になってくれるはずです。

・だれがミスをしたのかなんて誰も気にしていない
謝罪を受ける側の立場で考えると、問題の原因があなたのミスかどうかなんて実はどうでもいいのです。
そんなことより、この問題をどう解決してくれるかのほうが遥かに大事。
仕切り直しのためにミスのことを謝ったら、その後は知らん顔して問題を解決して見せてむしろ感謝されてしまえばいい。

・謝れる方が出世が早い
結局謝れない人は、信頼されません。
謝れない人は、無益に敵も作ります。
上司の立場で考えてみましょう。
そんな人間を大事なポストに当てるなんてありえないでしょう。

謝ってリスタートしよう

謝罪についての誤解がとけたら、すぐに謝りに行きましょう。
変な言い訳は必要ありません。
素直に謝罪し、再発防止を誓いましょう。
はじめは相手も怒った様子を見せるかもしれません。
相手もいつまでも怒っていられるほど暇ではないはず。
きっと冷静さを取り戻せばあなたのミスは許してもらえるはずです。
それから、すぐにリスタートして挽回しましょう。
それでいいんです。

 

他人のために謝ってあげよう

あたなが謝罪に抵抗がなくなったら、ぜひあなたの周りの謝らない人の代わりに謝ってしまう人になりましょう。
謝罪の機会は、あなたにとってチャンスです。
他人のミスを拾って、拾って謝って、謝りましょう。
きっとあなたの組織はうまく周るようになるはずです。

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Bun

Bun

現在タイ駐在員で某上場企業の管理職です。 新社会人から経営者まで、ビジネスに係る人たちに有益な情報を発信しています。 皆さんとともに学びながら、自分も成長していけたら最高です。

-JOB

Copyright© 僕の人生の僕のブログ , 2020 All Rights Reserved.