JOB

【2020年最新】手書きアナログ派がiPadでビジネスを加速した方法 【体験談】

⏱この記事は9分で読めます

iPadとApplePencil

ビジネスのシーンでタブレットを使う場面も珍しいなくなって来ましたね。

実を言うと私はタブレットを使ってスマートに仕事をすることになんとなく憧れがありました。

ですが実は以前iPadmini第2世代を手帳と置き換えようと試みて失敗してからはずっと手書きノート派でやっていました。

ところが、1年ほど前ついに理想のデバイスに出会ってしまったのです。それ以来、私は手のひらを返すようにデジタル派に寝返ったのでした。

この記事の要約

  • iPad+手書きはあなたの脳を拡張する

以前のわたしの装備

わたしがノートなどの筆記具にビジネスの場面で求めることは、これひとつだけ持って歩いていれば、とりあえず会議でも考え事でも不自由なくこなせることでした。

そうなると、ノートやペンはもちろん、付箋やカレンダーなんかもほしいし名刺も数枚は持って歩きたいということです。
わたしは、ひとつかみでこれらを全部を持ち歩けるように、ポケットの付いたノートカバーやケースを何種類も試しましたがどうにもしっくり来るものがありませんでした。

だったら、システム手帳でいいじゃないかと言われそうですが、システム手帳はあのリングが邪魔で書きにくいのが嫌だったんです。

発想が広がる手書きの良さを感じながらも、持ち物のちょっとした煩わしさとわたしの記憶力の低さから書いたものが行方になるストレスを抱えていたのです。

iPad をビジネスに使うメリット

上の見出しに書いたとおり、わたしの理想のデバイスとはiPad proとApple Pencilの第2世代です。

掛け値なしで素晴らしい。ついに出会ってしまったという感じです。

このベストマッチのデバイスを使い始めてから、ビジネスの場面でのわたしのレスポンスが10倍は早くなったと感じます。

精度が高い手書きはひとりブレストの強い味方

iPadとApple Pencil組み合わせは、完全にいやそれ以上に紙のノートを置き換えることができます。

一昔前のスタイラスペンは導電性のゴムや布で出来たペン先が太くて、手元が見えにくいので漢字などを書くのが難しかったり追従性が悪くストレスフルではっきり言って使えたものではありませんでした。

せいぜいパズドラ用でしたね。

ところがApple Pencilとくに第2世代は、使い心地はほぼリアルなペンです。

デジタルならではあれがすごいこれがすごいと書きたいのですが、iPadの上では全くペンと変わらず使えるというのが最大の褒め言葉でしょう。
後述する、Postit®アプリでのひとりブレストでは、書くことが思考の邪魔にならずサクサクとアイデアを書き出すことが出来ます。

即検索から即レスで調べ物の時間が激減

ミーティングの最中に、なにかちょっとした調べ物をしたいことってありますよね。

紙のノートしかなかったら、持ち帰って調べるかスマホを取り出していそいそと検索することになります。

でも、傍から見たらどう見えるでしょうか。会議におもむろにスマホで何かやり始めたら、会議に集中していないようにも見られて相手の心象もわるく都合が悪いですよね。それに、その姿がスマートじゃない。

こういうときわたしは、ノートを取っているようなふりをしてiPadでブラウザを開いて検索します。

それからなにか良さそうなものが見つかったら、さっと画面をみんなの方に向けて「こういうやつですよね?」といように見せるようにしています。こうするとちょっと調べたらわかるようなことがわからないままで、延々と議論することもなくなり会議自体が非常にスーズになります。

もし目ぼしいもの見つからなくても、ノートを取っているふりをしていればいいので、上述したような誤解を受ける不都合はないです。

逆に、退屈な会議に出てしまったなというときは、メールの返信などの時間に当てています。いわゆる内職ですね。

ソフトウェアキーボード入力の効率はリアルのキーボードには劣りますが、部下へ「よろしく」とか「それで行こう」くらいの短い返信なら問題なく出来ます。

あれこれ覚える必要がなくなって頭スッキリ

わたしはどちらかというと記憶力が悪いほうだと思いっています。細かいことを覚えておかなれけばならないのは、とってもストレスなんです。

ビジネスの現場では、ちょっとした伝言から会社の標準やら法規までどうしても覚えておかなければならないことってありますよね。

そういうときは、わたしはノートアプリのページの中に備忘録のページを作ってそこにどんどん書いています。ちょっとしたメモを書くだけでは足りないときは、関連する画像やスクショを貼り付けて二度と同じことを調べたり覚えたりしなくて良いようにしています。

「あ、なんかこういうの以前もあったよな?」という引っ掛かりがあったときは、そのページを開くことにしています。

身の回りから紙の資料がどんどん無くせて机もスッキリ

会議や打ち合わせの際、いまでも必ずもらってしまうのが紙の資料ですね。

ほとんどの場合、二度と見直すようなこともないのですがすぐに捨ててしまうのも勇気がいります。

そういうときは、iPadでその場でスキャンを撮りPDFや画像にしてしまいます。1,2枚程度の資料ならそのままのノートアプリに貼り付けて打ち合わせのメモが代わりにします。

そして、もらってきた紙の資料は自席に戻ったら即ゴミ箱です。コツは、決して紙の方にメモしないこと。

一旦スキャンした画像の方に手書きノートアプリでメモすることです。そうすることで、情報の在り処が一元化されて日付や関連キーワードから後で探す手間が激減します。

それにスキャンアプリにOCR機能がついているものもありますから、PDFでとっておけばあとでテキスト検索することも出来ます。

手書き派にこそおすすめiPad pro + Apple pencil+ペーパーライクフィルムが秀逸

繰り返しになりますが、私はもともと手書きノートはでした。

手書きの良さを知るものとして、手書き派の皆さんにこそipadでの手書きノートを試してみおてほしいと思います。

その時はぜひ、Apple Pencilを使ってください。これまでのスタイラスとは違い、鉛筆のように尖ったペン先はペンに隠れて字がうまく掛けないということもありませんし、反応速度も抜群でほとんど遅延を感じません。

筆圧感知もありますから、筆や鉛筆のようなタッチも出すことが出来ます。

それからできれば、Apple Pencilを使うなら保護シートは「ペーパーライク」のタイプをおすすめします。
まるで紙のような書き心地で、紙のノートからの乗り換えもほとんど違和感なく行なえます。

エレコム iPad 10.2 (2019) フィルム ペーパーライク 反射防止 上質紙タイプ TB-A19RFLAPL

とはいえPCのほうが良いこともある

わたしの場合、iPadはノートの置き換えですから、デスクワークではPCとの併用にしています。

iPadのデメリットは、ソフトウェアキーボードでは長時間作業するには効率が悪いことです。わたしはいま現在はキーボードを持ち歩くことはしていません。持ち物が増えて本末転倒なので。

ですから、キーボードやマウスに最適化されている表計算、長いテキスト打ちは無理にiPadではやらずPCでやることにしています。

ビジネスシーンにおすすめのアプリ10選を一気に紹介

GoodNotes5

手書きノートアプリの定番

ノートのようにページの概念があってペラペラめくれる感覚と操作性のシンプルさが秀逸

GoodNotes 5

GoodNotes 5
開発元:Time Base Technology Limited
¥980
posted withアプリーチ

OneNote

一枚のとっても広い紙という感覚

ページの区切れ目が気になる手書きのマインドマップやスクラップブックに最適

OfficeのアカウントでOneNoteをインストールした他のデバイスとも同期可能

Microsoft OneNote

Microsoft OneNote
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

メモ帳

ご存知Apple純正のメモ帳

iPadでは、ロック中でもApple pencilで画面をタップすると手書きモードで起動してくれる

不意のメモ取りに便利

AppleIDでの同期もスムースで手書きの下書きからMacでのテキスト打ちとシームレスに入力が続けられるの便利

メモ

メモ
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

Post-it®

私のひとりブレストの強い味方

ちょっとしたメモからどんどん書き出すアイデア出しからの整理がリアルのポストイット同様に可能

リアルのポストイットも取り込めて、バーチャルのポストイットと一緒に整理できるのも秀逸

Post-it®

Post-it®
開発元:3M Company
無料
posted withアプリーチ

ThinkSpace

Post-it®のようにカードに手書きをしたり、キャンバスの上で線や矢印でつなぐことで整理する

新感覚のノートアプリ。単なる手書きキャンバスとしても使えるし、オリジナルのフレームワークを登録することも可能

ブラウザ機能までついていてこのアプリ1つで手書きに関する殆どの要求に答えられると言っても過言ではない

キャンバス2面までは無料

ThinkSpace

ThinkSpace
開発元:Naoya Enokida
無料
posted withアプリーチ

Evernote

もはや老舗のクラウド型ノートアプリ

わたしの使い方は主にテキストベースのメモとスクラップブック

Evernote

Evernote
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ

Officelens

Office印のPDFスキャナアプリ

PDFや画像としてだけでなく、編集可能な状態でWordやExcelに書き出すことが出来きる

紙でもらった枠線入りの書類などは、セルに展開して取込み可能

Microsoft Office Lens|PDF Scan

Microsoft Office Lens|PDF Scan
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

Adobe Scan

こちらもスキャナアプリ

OCR機能がついているので、紙でもらった資料をその場で取込みテキスト検索可能

ノートアプリに書き出すことも可能で、紙資料にメモする感覚がデジタルで実現する

Adobe Scan: OCR 付 PDF スキャンカメラ

Adobe Scan: OCR 付 PDF スキャンカメラ
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ

Google カレンダー

もはや説明は不要のド定番、カレンダーアプリ

他のカレンダーアプリとの連携を駆使して、スケジュールの一元化が可能

Google カレンダー

Google カレンダー
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Trello

シンプルで洗練されたインターフェイスが秀逸なタスク管理アプリ

進行中のタスクをまるでリアルのタスク進捗ボードのように管理できる

各タスクにはURLのリンクを張ったり、カレンダーでリマインドさせたりすることも可能

Trello

Trello
開発元:Trello, Inc.
無料
posted withアプリーチ

コストをちょっと抑えるなら 4万円からできるiPad導入

わたしのお気に入りのApple Pencil第2世代は、2020年現在はiPad pro の 11インチ、12.9インチの第3世代以降と比較的最近の上位機種のみの対応となっています。一番安いモデルでも10万円近い出費になります。
そこでiPadを導入したいけどコストをは抑えたいという方にも、おすすめの組み合わせもあります。
現行モデルのiPad第6世代とSOCLL iPad タッチペンの組み合わせだと最低4万円程度から導入可能です。
スタイラスペンは今回ご紹介したモノ以外にも色々な種類が出ていますが、静電容量方式のものよりもBluetoothで同期させるタイプをおすすめします。

SOCLL ipad タッチペン デジタルペン アイパッド スタイラスペン iPadペン 極細 2018年以降のiPad専用 ipad pro 3 /ipad mini 5/ ipad air 3/ ipad6 超高感度 充電 主動式 イラスト ipad pencil アイパッド ペン

わたしの前回失敗からアップデート

わたしは7,8年前に一度、今回と同じように手書きノートをデジタル化することにチャレンジしました。そして失敗して、またアナログの世界に戻ってきた苦い経験があります。
当時選んだ機種は、iPad mini第2世代でした。ちょうど手帳にも収まりそうなコンパクトなサイズ感でしたし、新規導入されたRetinaディスプレイも良さそうだと思ったからです。確かに、テキストメモ派の方なんかには良かったのかもしれません。しかしわたしは手書きにこだわっていましたので、数々のスタイラスペンやケース、手書きアプリを試しました。しかし、いずれもしっくり来る物が見つからずでした。結果的には、iPadで字を書く作業自体にストレスを覚えるようになって使用を断念したのです。
今回、数年ぶりのトライで最も目を見張ったのはスタイラスペンの進化です。Appleの公式スタイラスであるApple PencilとiPadのコンビネーションは筆記用具の再発明というべき出来です。
Apple Pencil登場で、周辺製品も当時から大幅にアップデートされており、ペーパーライクフィルムや手書きアプリの充実はますます手書き派のデジタル導入を後押しすると思います。

まとめ

SUMMARY

40代になり、20代30代とは違って力技の仕事がしんどくなって来てます。正直いろいろとド忘れもします。
iPad +手書きというのは、脳を活性化させる機能と記憶、記録を同時にこなすことが出来ます。
インプットとアウトプットどちらも助けてくれますので、正にわたしにとっては脳を拡張してくれる神でデバイスといったところです。
それだけでなく、手書きノートどころか、付箋、カレンダー、メール、無限にかけるらくがき帳、データベースこれ1台何でもこなしてくれます。もちろん、持ち運びも超楽ちん。
紙のノートではできない、テキスト文字検索ももちろんWebの検索も出来るので探しものも楽ちんです。
長年手書きでやってきた手書き派の皆さん、ぜひこの世界を体験してみてください。

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Bun

Bun

現在タイ駐在員で某上場企業の管理職です。 新社会人から経営者まで、ビジネスに係る人たちに有益な情報を発信しています。 皆さんとともに学びながら、自分も成長していけたら最高です。

-JOB

Copyright© 僕の人生の僕のブログ , 2020 All Rights Reserved.